本文へスキップ
いきがいと自立の心育む いきがい大学東松山学園26期校友会

みんなの広場report

記事一覧

投稿日 記事名 備考
17.07.04 第10回学習コウユウ会(第2回ミニライブ&創作展)  NEW
     
16.09.01 第8回学習コウユウ会「講演会」の開催報告
16.09.01 平成28年第1回公開学習参加報告
16. 07. 第7回学習コウユウ会「ミニ・ライブ」開催報告
16. 1. 9 親睦新年会
15.12.21 「新そばを打って食べる会」開催  
15.12.01 「渡良瀬渓谷バスの旅」写真集 2
15.11.29  富弘美術館・わたらせ渓谷鉄道・足尾銅山 見学記
15.11.29 「渡良瀬渓谷バスの旅」写真集 
15.08.17 初夏ボーリング競技会&食事会の開催報告  
     
13.01.09 マレットゴルフ大会
12.11.10 24年度「ふゆ」行事のご案内(マレットゴルフ大会)
12.11.05 東松山学園校友会「彩の国いきいきフェスティバル」に参加
12.10.27 県連協主催グラウンド・ゴルフ大会で健闘
12.09.14 平成24年度松連協教主催グラウンド・ゴルフ大会
12.08.07  ”秋・日帰りバス旅”! のご案内
12.08.07  26期校友会・グラウンドゴルフ大会  
12.07.29  松連協・「地域ジュニア交流会」の実施  
12.05.26  松連協・森林公園ハイキング  


第10回学習コウユウ会(第2回ミニライブ&創作展)

プログラム
 尺八・笛(五十嵐正男)  南京玉すだれ(橋本亮平)
 紙芝居(かたりべクラブ やまびこ)


オカリナ(パインズ) 
 
オカリナ(パインズ)
 
フラダンス(福田節子、土屋あとみ、小林正子)

作品



第8回学習コウユウ会「講演会」の開催報告


・日 時:平成28年8月9日(火) 13:00開場 13:30開演
・場 所:国立女性教育会館 研修棟・201号室
・演 題:「高齢者の財産管理と民法」
・講 師:東洋大学法学部教授 小林 秀年様
・参加費:無料

講演会の様子はこちらをクリックしてください。
また、内容についてはこちらをクリックしてください。


平成28年第1回公開学習参加報告
第一部は東松山学園オカリナアンサンブルの活動報告と演奏、26期の宮崎監事指揮で26期のメンバーも参加して素晴らしい演奏でした。
第2部は青森大学副学長でエッセイストの見城美枝子先生の”学び続けること~思い立ったら吉日~”と題する講演がありました。
参加者は10名でした。終了後、近くの居酒屋で懇親会を行いました。

初の「ミニ・ライブ」、楽しい時間を送ることが出来ました。
ご参加頂いた皆様に感謝します。

日時:平成28年6月27日(月)13:30~16:00
場所:女性教育会館 音楽室
プログラム:
 1.竹笛による演奏(ピッコロ笛の会)
 2.紙芝居「瞼の母」&ゲーム(かたりべクラブ)
 3.南京玉すだれ(地域創造科・橋本)
 4.手品(ふるさと伝承科・松本)
 5.オカリナ演奏(パインズ)



28年「親睦新年会」開催のご報告

1月8日(金)に東松山第一ホテル内レストラン”桜”において参加者12名で新年会を開催しま
した。話題は専ら”病歴紹介?”でしたが各自しっかり28年の目標を表明、楽しく健康な一
年にしようと誓いました。
 

学習コウユウ会年末スペシャル「新そばを打って食べる会」開催のご報告

12月21日(月)に学習コウユウ会事業、スペシャル版として「振る舞いそば打ちくらぶ」の協力を得て「新そばを打って食べる会」を開催しました。
マンツーマンで蕎麦打ち指導を頂き、皆さん上手に完成させました。指導頂いた”振る舞い蕎麦打ちクラブ”の皆さんに感謝です。





「渡良瀬渓谷バスの旅」写真集 2
 






富弘美術館・わたらせ渓谷鉄道・足尾銅山 見学記
平成27年10月30日

 行きたかった、わたらせ渓谷鉄道に行けると い うので、参加させていただく、29名を乗 せたバス(大型サロン)は快晴の東松山駅8時 30分出発一路関越~北関東道太田ICより 大間々~わたらせ渓谷沿いの曲がりくねった 道をゆく、対岸の山の紅葉がきれいだった。 トンネルをくぐると草木ダムへ出た。富弘美 術館は草木ダムの少し上ダムサイトにあった








星野富弘さんが脊髄を損傷し、身体が動かせなくなり周りの人たちの手だすけと、努力で口に絵筆を咥え水彩画を描きそれに自分の詩を添えている「詩画」というそうです
私には名も知らぬ草花の絵に詩を添えている、水彩画も見事(通り過ぎてしまいそうな道端の草木に、思いをはせ、語りかけている)見ていると心が安らぐ
   

わたらせ鉄道 神戸駅列車レストランで昼食
   

足尾銅山見学

足尾銅山はトロッコ列車で坑道内まで入り、明治大正時代から昭和までの採掘状況が人形により紹介されていた。時代とともに作業環境が改良整備されてゆくのがみられた。外には「鋳銭座」という銭を作っていた資料館があった、鋳物を溶し型に流し込み、印を押し一度に何枚も作る当時最新技術だったのだと思った。
今でも使えそうな精密な秤などもあった。

わたらせ渓谷鉄道わっしゃ号乗車
   
 
トロッコ列車は風が冷たかったが、紅葉の
始まった渡良瀬渓谷超しの山の色、途中に
ある瀧、水沼駅構内には温泉まであった
大間々駅まで40分の乗車だったが、初秋
の群馬の旅を満喫しました

幹事の皆様ありがとうございました。

R村記

「渡良瀬渓谷バスの旅」写真集
   
   
   
   






"初夏ボーリング競技会&食事会"の開催報告

日 時:平成27年6月29日(月) 10:00~
場 所:ボーリング;ブーボスボス坂戸
    食事会;たかよし
優 勝:原 克士(美術工芸)
準優勝:遠山 文雄(ふるさと)
第3位:羽角 明(福祉環境)



2013年1月9日

マレットゴルフ大会報告
 12月12日に都幾川リバーサイド・マレットゴルフ練習場において19名が参加。冬の寒さも吹き飛ばすハッスル(古い!)プレー続出の楽しい一日でした。初めてマレットゴルフに触れて、その楽しさを今後も味わいたいと、多くの参加者からマレットゴルフサークル結成の声が上がり、それを受けて松本さんが会長、遠山さん、橋本さんが副会長として「さーくる 絆」が立ち上がりました。参加者全員がメンバーとなり、松本会長の元、マレットゴルフ普及に邁進することとなりました。こうご期待!!!!!

26期校友会、マレットゴルフ大会のアルバム
                                  平成24年12月12日
 
 都幾川リバーサイド マレットゴルフ場 
   
   
   
 当日の集計表  三井さんと1位~3位原さんと白井さん
 
 会長とホールインワン達成の新堀さん  当日参加の女性の皆さん
 
懇親会風景 

成績および会計報告はここをクリック





2012年11月10日

24年度「ふゆ」行事のご案内(マレットゴルフ大会)

 秋冷の侯、会員皆様「地域貢献」文化祭、体育祭等ご活躍の事とお慶び申し上げます。 
秋・東京見物ばすの旅にはご参加頂き有難うございました。余韻残る中、思季のイベント
(会長cupしりーず第1戦 夏・グランドG、会長cupしりーず第2戦 冬・マレットG)を下記内容で計画いたしました。 ご多忙の折とは存じますが是非とも開催企画にご賛同頂き、ご参加下さいます様お願い方々ご案内申し上げます。 

                   記

日 時:平成24年12月12日(水) 午前9時30分
場 所:河川敷内 都幾川リバーサイドパーク マレットゴルフ練習場
集合時間:マレット場(直行) AM9:30
高坂駅東口:AM9:15
参加費:3,500円(ゲーム、用具、会食、障害保険代)
持ち物:水分補給出来る物、たおる

《スケジュール》
 AM 9:30 受付 大会会長ご挨拶
      ルール・マナー説明(ここをクリック)、準備体操
 AM 9:50 ゲームスタート 18ホール ×2ゲーム
 PM12:30 田園にて 表彰式・昼会食懇親会 

*雨天の場合 → 坂戸市 ブーボス施設内 ボーリング大会(2ゲーム・貸靴付)とします。
 集合場所・時間は変わりません。
*マレットG・ボーリング共 → ハンディポイント自己申告 
*参加申し込み〆切り 12月3日(月) 尚、参加費には夏・秋イベント金券をご使用下さい。

以上

その他詳細問合せ及び参加申込みは各科担当者迄お願いします。
地創/三井清司、滝瀬みさ子、ふる伝/五十嵐正男、福環/新堀順子、美工/森川正雄

参加申込み内容:
科             集合場所 ハンディ自己申告 事務局使用欄
氏名       マレット場   マレット  
  高坂駅東口   ボーリング   





2012年11月5日

東松山学園校友会「彩の国いきいフェスティバル」に参加

 (財)いきいき埼玉主催の「いきいきフェスティバル」が11月4日に伊奈県民活動センターに於いて開催されました。毎年2万人近くの参加がある秋の大イベントであります。
 いきがい大学各校友会が多く参加してきましたが、東松山学園はまだ参加していませんでした。東松山校友会として地域活動の一助にと思い今回「電子工作体験」というテーマで、4つのおもちゃ病院(羽生・久喜・幸手・東松山)のドクターの協力を得て開催に至りました。東松山学園からの参加は26期 梅原(地域)、滝瀬(福祉)、星山・青木(美工)、27期 田中・関矢(美工)、林(地域)の7名、来年は更に拡大して参加したい。
 電子工作のアイテムは「オルゴール」「信号機」「サイコロ」「ピアノ」の4種類、対象学年は小学3年~6年。当初、20組もくれば、と思っていたのが、来るは来るはの大盛況。結局30組で受け付け終了。
 「無料体験」とあって気軽に来場できたのが人気を博したのだが、今後はいろいろ工夫しながら、多くの子供たちに”ものつくり”を味わう機会を提供して行きたい。

                                  記)26期美工・青木
 中央ブリッジから北側の様子  中央ブリッジから南側の様子
 会場準備
受付付近 女子生徒の参加が目立つ
 きめ細かなサポート 
 
 父親も参加  互いに協力して
   
手助けも 




2012年10月27日

平成24年度 県連協「グラウンド・ゴルフ交歓大会」が
 熊谷学園・東松山学園担当で開催され東松山学園の女性が優勝


平成24年10月24日(水)県連協主催の「グラウンド・ゴルフ交歓大会」が熊谷スポーツ公園の「彩の国くまがやドーム」で開催されました。大会は県連協会長の挨拶から始まり、熊谷市長や財団理事の来賓祝辞を頂き、選手206名と各学園支援者で盛大に行われました。



松連協(東松山学園)からは25名の選手が参加し、先輩の長嶋さん(女性)がハイレベルな戦いを制し、素晴らしいスコアー(52/32ホール)で優勝しました。準優勝は春日部男性(スコアー54)、3位は伊奈男性(スコアー58)でした。



26期生も3名が選手出場し健闘されましたが、残念なことに松連協大会(嵐山)の優勝者(女性の部)が今回大会の運営副委員長で出場できず、上位者はいませんでした。

競技組合せは一組が6、7人の各学園出身者で、スタート始めは皆さん緊張して口数も少なかったが、競技が進むに連れて和やかに楽しく会話され、ホールインワンが出ると歓声が上がり、正に交歓大会となりました。



今回の大会は熊谷学園と東松山学園が担当で、役員の皆さまは何回も会合を重ね、ご苦労されましたが会場設営・競技進行等の運営を見事に行いました。特に、熊谷学園の皆さまは地元開催で大変な御骨折りをされ敬服致します。

来年は蕨学園と伊奈学園が担当になり、私たち東松山学園26期生は松連協のまとめ役として、県連協との連絡や選手を決めることになりますので、皆さまのご協力が必要になります。
                             福祉環境科)小倉



2012年9月14日

平成24年度松連協主催グラウンド・ゴルフ大会で
            26期校友会の新堀さんが優勝(女性の部)


松連協主催の平成24年度グラウンド・ゴルフ大会が9月12日(水)に嵐山町総合運動公園(嵐山海洋センター)で実施されました。
当日は非常に日射しも強く暑い中でしたが参加者は総勢約160人で、その内26期生は24人でした。

この大会は平成24年10月24日(木)に県連協主催「グラウンド・ゴルフ大会」に出場される東松山学園メンバー(25人)を選抜する基準にもなっていて、皆さん真剣にプレーしていました。

競技方法は3ラウンド24ホールプレイで組み合わせは1組5~6人、2ラウンド終わって休憩があり、期ごとに集まって木陰で暑さを凌ぎ、飲み物を頂きながら会話も弾みました。

そんな中で、私たち26期生の新堀さん(福祉・環境科)が女性の部で見事優勝し、県連協主催「グラウンド・ゴルフ大会」出場メンバーになりました。又、26期生から男性一人(松本さん)も選ばれましたが二人だけで、先輩方のレベルの高いのに驚きました。

今回の大会は25期生が主担当で実施されましたが、来年は私たち26期生の番になりますので、参加メンバーの募集、組み合わせ、コート作り、道具の準備、そしてスコアーの集計等参加者が多い大きな大会ですので、計画的に準備し役割担当を明確にして、皆さんの協力が必要だと思いました。

        記)福祉環境科 小倉





12・10・10 予定
                   第26期校友会企画委員長 滝瀬 みさこ

“秋・日帰りバス旅” のお知らせ&ご参加のお願い

 盛夏の候、皆様に於かれましては益々御健勝の事とお慶び申し上げます。
 さて、第26期校友会 第2回事業を 別紙 ご案内 通り開催いたします。 
 “秋” 体育祭・地域活動・農作業等とお忙しい時期とは思いますが、学友との交流・親睦を図り、26期『絆』をより深めていただきたく、
お知らせと、皆様多数の方々のご参加をお願い申し上げます。

*概略、詳細については、ご案内をご覧下さい。

日 時:平成24年10月10日(水)

出 発:① 東松山駅西口 AM7:00集合・出発 (時間厳守)
    ② 川越駅 西口 AM8:00集合・出発 (時間厳守)

 東京観光巡り とげぬき地蔵でランチ(和食)を頬張り、??下着をチラ見し若返り →童心にもどり羽田空港で飛行機を眺め → 柴又で草団子とお茶 帰路(高速)

帰着予定時間 川越駅 PM6:00 東松山駅 PM7:00

 参加費 6,000円
(和食花かご御膳・車中飲み物・交通障害保険・雑費等含み)

“秋・日帰りバス旅”のご案内






2012年7月13日

 第1回グラウンド・ゴルフと懇親会には、急な開催にも関わらずご参加いただき誠にありがとうございました。

結果発表!!
個人戦:優勝  橋本 亮平様(ホールインワン 3回)
     2位  梅原 輝雄様(ホールインワン 1回)
     3位   新堀 順子様(ホールインワン 1回)
     7位   滝瀬 みさこ様
    13位   清水 敦子様
団体戦:Aチーム:長谷川 正様・小倉 秀夫様・清水 敦子様
3選手共、仲良く ”ホールインワン” を1回出しました。

無事終了出来ました事、皆様のお陰です。感謝申し上げます。有難うございました。

梅雨空、いやいや快晴で汗だく・日焼け・泥んこ ・・・ 全員めいプレイヤー。
童心にかえり大声で話し・笑い・汗だくになりボールと葛藤しました。
閉会総評の言葉 お道具が良いと、それに合わせ打数少ない???。この負けず嫌いの気持ち、最高ですネ。


 軽食タイム ⇒ おにぎりとバナナを頬張り、福田さんのキュウリとトマトで英気を補給。
 休憩時間短縮し再びステックを握り走る・歩く・手足頭の過酷な体操ゲームにトライ。

御所の湯を浴び、表彰式。



どなたも怪我もなく無事にゲームと夕方までの懇親会(愚痴り会)が楽しく過ごせましたのも、皆様と協力隊(松本、清水、湯川、浪越、武藤、橋本様)のおかげと感謝申し上げます。






















 尚、校友会財務(遠山副会長)より活動費10,000円お預かりし、有効に活用させていただき、精算残金46円は、財務へ返金させて頂きました。
合掌

全員の成績を下記します。
順位 総打数 チーム 氏名     科
 1   77   C  橋本 亮平  地域
 2   81   G  梅原 輝雄  地域
 3   85   E  新堀 順子  福環
 4   87   G  八巻  滋  地域
 5   90   E  原  克士  美工
 6   93   A  小倉 秀夫  福環
 7   94   G  滝瀬 みさこ 福環
 8   96  F  田島 久雄  美工
 9   97  D  松本 利成 ふる伝
 9   97  C  新井 昌利  福環
 9   97  B  三井 清司  地域
12   98   A  清水 敦子  ふる伝
12   98   F  五十嵐 正男 ふる伝
14   99  B  飯田 正和  美工
15   100   G  土井 正義  ふる伝
15   100   E  増田 治久  ふる伝
17   101   C  青木 哲男  美工
18   102   D  森川 正雄  美工
19   103   B  草間 麗子  ふる伝
19   103   F  浪越 田枝子 福環
21   105   E  星山 利夫  美工
22   106   A  長谷川 正  地域
23   109   C  湯川 幸子  ふる伝
24   112   F  福田 節子  地域
25   116   D  雨宮 芳江  福環
         武藤 美畭映 ふる伝  懇親会参加
         浅田 政男  美工   懇親会参加
         関口 久雄  講師
         加藤  豊  講師







2012年7月23日~25日の三日間

松連協「地域ジュニア交流会」に26期校友会担当者参加


7月23日~25日に東松山学園近くの青鳥小学校で、松連協事業の小学生と交流会が25期生主担当で実施されました。私たち26期生担当者も25期生に指導を受けながら来年に備えて3日間で延べ14人が参加しました。


1、第一日目(7月23日)理科実験

 東松山学園で学園長と25期校友会会長の激励挨拶後に青鳥小学校に行き、26期生が受付担当で児童や保護者は10時開始の30分以上前から集まり42人が参加しました。
 実験担当者の万全たる準備と手際良い指導で予定通り10時に実験開始となり、児童は実験開始前からどんな実験で、どのように作るのか興味津津で皆楽しそうでした。
 浮沈子がだんだんに出来あがっていくと、子供たちはますますやる気が出て、上手く浮き沈みすると歓声も上がりました。
 しかし、パソコンで浮沈子の理論講義になると、低学年の子供たちには少し難しいようでした。


2、第二日目(7月24日)お話とマジック

 参加者は30人で、お話は「成績を伸ばすための日常生活の心構え」で保護者や高学年対象で豊富な教員経験と人生経験に基づいたものでした。

 又、算数が好きになるようにと「魔法のカード」で数字当てや「おもしろ計算」等をクイズ形式で、児童に感心を持たせました。

 マジック担当は二人の女性で、「ヒモやハンカチを結んだり解いたり」「新聞紙に水を注いだり」「紙袋からいろいろな物を出したり」等、子供たちは身を乗り出して目を輝かせ、中には種を暴こうと盛り上がりました。
 又、輪ゴムやストローを児童に配って皆で行うマジックは「出来た!出来ない!」と楽しく賑やかでした。











3、第三日目(7月25日)エコバッグ制作

 参加者は38人で、新聞紙を利用して朔で張り合わせて手提げ袋を作る作業ですが、低学年児童には少し難しい制作工程もありました。
 しかし、前もっての準備がしっかりしており、指導員の汗だくの努力で皆さん完成させました。
 新聞紙の全面カラー広告を完成袋の外面に出るように作られ非常にきれいでした。帰りには、「重ね箱や折り紙」がプレゼントされて、皆さん喜んで早速手提げ袋に入れました。


今回の「地域ジュニア交流会」に参加して、25期生の担当者が事前準備作業を非常にしっかりと計画的に行い、責任意識を強く持ってまとまっていたことが印象的でした。
又、青鳥小学校側も担当の先生及び校長先生がこの交流会に熱心で、何よりも児童たちが大変楽しみにしているようでした。

                         (福祉・環境科 小倉)



2012年5月25日

松連協・森林公園ハイキング


平成24年5月25日(金)森林公園で松連協のハイキングが開催され、180人近くが集まりました。




私たち26期交友会からも21人が参加し、新緑の公園内を楽しい会話と小鳥の囀りを聞きながら、足取りも軽く長い列に加わりました。









天気は集合時に曇り空で、日焼けの心配もなく良いかなと思いましたが途中から小雨が降り出しました。1時間位歩いたところで、26期交友会も引き返すグループと先に進むグループの半々位に分かれました。








今回のハイキングに参加して、こんなに皆と親しく心地良く話ができ楽しくなれたのは、管理された広大な森林と東松山学園で一緒に学んだことのおかげと思います。

記)福祉環境科 小倉










投稿日 記事名  備考 
 12.03.17 在校最後のボランティア(朗読同好会)  NEW
 11.07.28  きょうは、にはち(二八)の日   
 11.07.07 ご近所の七夕祭り  
11.06.29 近所の花観察
11.04.21 可愛いメジロ君
11.02.12 冬の朝  
10.10.28 消防訓練   
10.07.29 環境監察局ってご存知ですか?  
10.07.22 ちょっといい話と反省するべき話  
10.07.13 26期生、『新入生』のみなさん  
10.07.13 行田ではなく、こちらは上尾の古代ハス!  



自由投稿




在校最後のボランティア

 
  科の時にスタートした読同好会も、
本科になり3名の加入者を迎えて、
折々の時にボランティア活動を重ねてきた。
訪問先は6施設、延べ9回を数えている。
 そして卒業前の最後の活動として、3月14日に吉見町の常盤苑様を訪問した。
入所者、デイサービス合わせて約100名収容の施設である。


         

                 始めの挨拶と入居者         

 歌とお話しと手遊びその他で約1時間、入所者の笑顔と共に過ごす事が出来た。
入所者も初めは緊張気味だったが、後半はかなり盛り上がって来るのも通常と変わらない 又、いつもの事ながら、帰り際「また来てね、きっとだよ」とか、握った手を中々離さない方、いつまでも手を振って下さる方々には胸にこみ上げるものがある。


         
     
        活動状況            喜ぶ入居者        チマチョゴリを着て
卒業を機会に、名称も「かたりべクラブ:やまびこ」と変更したが、いずれにしても私たちの訪問を喜んで下さる方々がいる限り、体力の続く間、この活動は続けて行きたいと考えています。        福祉環境科  萩原 良雄

                  








きょうは、にはち(二八)の日

おそばで題字を書いてみました。
美工科:星山利夫
写真の一部を青木さんから提供して貰いました。


7月28日、26期生終業式の次の日です。
パソコンクラブ26主催、『二八そば』で暑気払いを実施!!
東松山市民活動センターの調理実習室をお借りして、『おいしい二八そば打ちにチャレンジ!!』
参加者の大半が初めての体験でした。
(但し、暑気払いには欠かせないお神酒が無かったのが残念・・・。)

各自、エプロンを付けて、三角巾・バンダナ等かぶって、格好は一人前。
そば粉:400g、そば専用つなぎ粉:100g、天然水(ミネラルウォーター):230gとそれぞれ秤でキッチリ量って。

最初に、そば打ち うん十年の大先生から模範打ちで御教授頂いた。
実に簡単そうに見えた。

男女混合3人で1グループに分かれて、いざ開始、先生の模範のようにすいすい進んだグループ、
長い時間こねくり回していたグループと歩調は揃わない。
その内あちこちで、『先生~っ Help!!』の声。
手の施しようが無くなってからの Help が多いので、
先生の修正にも時間が掛かり、先生もなかなか次の Help! に廻れない・・・と言う悪循環。
それでも何とか軌道修正してもらって、やっとどのグループも完成した。
 
 
 
 

ゆでが始まった。
卓上には絡み大根、のり、わさび、トウガラシ、の他、
女性陣が持ってきてくれた沢庵、キュウリの漬物、トマト、ブルーベリー、など豪華に並べられた。
あとは、ゆであがりを待つだけ。

がつがつ組はそばチョコと割り箸を持って~うろうろ・うろうろ??

ゆであがっては、がつがつ、がつがつ!!
 
 
 
 

最初にゆでたのは、各自の自信作から100gの供出品。太く硬かったり、短くポロポロだったり、
それでもそば粉はオーストラリアで今シーズン収穫したばかりの美味しい粉なので味が良い。
腹が減っているので、うまいうまいとがっついた。

その内に先生が打ってくれた、細く均一な麺がゆであがり待っていた女性陣に振る舞われた。
がっついていた男性陣もお相伴にあずかったところ、なんと味が違うではないか!
細く均等に切れているそばには、そばつゆの絡み方も違ってくるのか、なぜか実に美味い。

先に殿方に食べさす大和撫子と思いきや、さすが食卓の内情を熟知しているUP熟女達に脱帽。
最初から、がっつくもんじゃないと反省しきり。
 
 

そば打ちの大先生は、パソコンクラブ部長の梅原さんと、羽生市から梅原さんのそば打ち仲間の先生にも来て頂きました。感謝・感謝です。
ご自身のそば打ち道具一式と生徒用の道具、そば粉、つなぎ粉、そばつゆの素(かえし)等も
持参して戴きました。
先生の包丁(正宗?)の切味はすごかった!、特製の「かえし」を入れたつゆもとても美味しく、
そば湯をなんべんもおかわりして戴きました。
幹事さん、お疲れ様でした。熱中症に負けない暑気払いが出きました。

本当にありがとうございました。

このページの先頭へ



ご近所の七夕祭り

こさかふさえ
美工科:小坂芙佐枝

 我が町内の超個人的、超美的七夕祭りを紹介します。

 写真をクリックすると大きくなる
   

 一軒の家のベランダから吊り下げられた七夕飾り22本。

海鉾さんご自身で作成されたものです。

数年前から、町内の皆さんが集まり、楽しまれています。

7月3日㈰に見学させて頂き、おにぎりやお茶をごちそうになりました。

近所の方々とのコミニュケーションが自然と密になったと、ある男性は話しておりました。

 写真をクリックすると大きくなる

*ちなみに 海鉾五郎さん74歳。

1.   作成の動機····················· 子供達に見せたい

2.   一番の苦労点··················· 色紙集め

3.   製作日数······················· 1か月

4.   費用(意味がないですかね)····· 1,000円

特にお年寄りのかた、
色のきれいさを楽しんでくれる


このページの先頭へ



                         近所の花観察

   地域創造科 中川

 6月19日梅雨の合間に久し振りに
カメラを抱えて近所散歩。
ご近所で見つけた花四点を紹介します。
皆さんこれらの花の名前をご存知ですか?
(私は知らないのでネットでチェックしました)
トリトマ以外はみんな小さい花です。

まずトリトマの花。別名トーチリリー。
トーチ型のゆりの花。花言葉は
「胸の痛み、切実な思い」だって!

2番目はチェリーセージ。ハート型の模様が
可愛い、しかも紅白が鮮やか。
ともかく可愛いです。花径2cm
花言葉は「燃える思い」別名サルビアミクロフィラ。

3番目はヤナギハナガサ。
小さな集合花が花笠に見える?
よわいものは団結で強くなる?
花言葉は「幸せに」

最後にビヨウヤナギ。美容柳などの字を
当てることもあるが語源は不明とか。
(花が美しく葉がヤナギに似る為か)
別名マルバビヨウヤナギ。
気どった姿が独特で美しくハッとする!
花言葉は「有用、薬用」だって!? 中国原産。

トリトマ
写真1 トリトマ
チェリーセージ
写真2 チェリーセージ
ヤナギハナガサ
写真3 ヤナギハナガサ
ビヨウヤナギ
写真4 ビヨウヤナギ


このページの先頭へ



2011年04月21日

自由投稿
可愛いメジロ君の写真
                                 26期地域創造科  中川岑夫

今からさかのぼる事55年以上前、中学1年のころ鳥籠でメジロを飼っておりました。学校から帰ると鳥
籠の掃除をしてすり餌を作ってやり、しばし眺めるのが楽しみでした。
そしてある日の事、いつも私が近づくと大喜びで飛び回るはずの鳥籠がシーンとしており、メジロがいま
せん。誰か逃がしたかな?と近づくと籠の中でうごめく物が。それは30センチほどの小さな蛇でした。
メジロを丸呑みしておなかがまん丸くなり籠の目から出られずにいました・・・。

最近春先になると梅や桜の蜜を吸いに来るメジロの写真を撮って楽しんでおります。
今年もかなりの枚数を撮りました。その中で気に入ったショットをお届けします。
写真1、2は白梅と遊ぶメジロ君。写真3,4はヒカン桜の蜜を吸うメジロ君です。

写真1、2は朝霞市の国の重要文化財 旧高橋家庭の白梅にて (3月8日)
写真3,4は近所のヒカン桜にて(3月29日)

白梅とメジロ
写真1
白梅とメジロ
写真2
緋寒桜とメジロ
写真3
緋寒桜とメジロ
写真4


このページの先頭へ

冬の朝

日差しがまぶしい透き通った冬の朝
一面にうっすらと白く被われた茶畑、太陽がきらきらしている。
カーテンを開けると、はるか見渡す連峰のかなたに、
うっすらと美しい姿をした富士山が見える。富士069

すがすがしい気持ちの良い朝・・・ 
空元気、病に倒れてわが身をぞしる。老いを哀れむ
ずうっと元気が取り得よ、と突っ走ってきたが久しぶりに風邪をひいて寝込んだ。
何もする気がしない、おかげでこんなにゆっくりとした空気を味わったことがない。
あくせくとその日を追いかけて夢中ですごしていた。
鳥たちがあっちこっちで仲良くさえずっている。静かな朝ひとり思いにひたる。
こんなに愛しているのに一日だって忘れたことが無い、
いつも頭の隅にいる、どうしても忘れることができない、
そのために何かに没頭して忘れようとしているのかもしれない。
もう、逢うことさえできない、深いふかい海の底へ沈んでしまった彼、

いくらわめいても手の届かないところへ行ってしまった、逢いたい、逢いたい死ぬほど逢いたい。

教会020底知れぬ悲しみがこみ上げる、ずるいわ、
あなたは約束を破って自分だけさっさと行ってしまっていつも傍についているからと言ったはずよ、

止めども無く涙があふれる、どうして私の前から消えてしまったの、

悲しい心がこみあげる、こんなつらい思いを背負ってどうして生きていかなければならないの・・・
私も真っ青な深い海へ沈んで何もかも忘れてしまいたい。

日本海の海沿いをずっとドライブして鄙びた旅館のおじさんが夜釣りに行って取れたてのイカ刺しのあまくて美味しかったこと、竜飛岬の素晴らしいながめに思わず大声を張り上げた。最後の思い出の場所となった。

今度は果てしない地平線と砂漠を見に行こうね・・・うん、いいわね、来年だね・・・

いきなり、けたたましく電話のベルがなる、しばらくね元気している?友達の声病気をして久しぶりに寝込んだわ。鬼の霍乱ね…エッ

いったい私は強いのか弱いのか・・・
おだやかな一日が過ぎていく、さあ元気を取り戻さなくては

夕焼け102_sh01思いも新たにすぎし日々
いつぞや雲になりまぼろしとなり
夢うつつ消えゆく冬の朝



美工科:鈴木喜代子
このページの先頭へ





消防訓練!

 20101027110013

木枯らしの吹き始めた快晴の日、
比企消防署の方々の指導で、消防訓練が実施されました。
 ・避難集合
 ・消火器実演
 ・講話
等々、盛りだくさんのメニュー。

一人の事故もなく、無事終了しました。

((格言集)) (T_T)コワー

『初期消火に失敗したら決して中に入ってはだめです。
 帰ってこれなくなりますよ。』

『二酸化炭素中毒は怖いですよ。
 意識はあるのに身体が動かず、焼け死んでしまいます。』     

環境監察局ってご存知ですか?

P1010006

 昨年、私は彩の国環境大学の基礎課程を受講しました。今年は更に実践課程を受講すべく申込みを済ませたところです。環境問題は机に座って知識を深めるだけでは意味が無いと思い。地域の環境グループに入って活動を始めたのですが、実践に乏しく会員の力になってないのが現状です。
 
 そこで具体的な活動として「身近な環境監察局」に参加すべく、加須市にある埼玉県環境科学国際センター(写真)で研修を受けてきました。第一回目は環境マップの作成、酸性雨調査、大気調査について学びました。
 受講生は7名ですが、そのうち4名はいきがい大学鷲宮学園32期エコクラブの面々でした。いきがい大学生がこのようなところでも活躍しているのを知り、大いに刺激になり、また励まされまし。
 残りの2回の研修では水質調査、一般指標生物調査、ハンノキとミドリシジミ調査について学習して、9月から実際の調査を開始します。(美術工芸 01 青木)

ちょっといい話と反省するべき話


                            福祉・環境  萩原 良雄

 

 あれは多分6月末の授業のあった日であったと思う。私はいつも通り、食事の後の昼休みに洗面所で残り少なくなりそうな歯を磨いていた。廻りはいつもの見慣れた顔。いつも通りの一日と思えた。と、そのとき出口のほうから「シャカ、シャカ、シュッ、シュッ・・・」と音が聞こえてきた。
 振り向くと、女性が一人、洗面所入り口中央の洗面台を磨いているではないか。汚れのついた洗面台は誰しも歓迎しない。しかしながら、自分で磨くのは少し勇気がいる。それを皆の為に、実行している方を見て、少し反省させられました。ちなみに、その方は「美術工芸・K」と記された名札を下げていらっしゃったと記憶しています。

さらにその日は、その直後通りかかった湯沸かし器の流し台を「福祉・環境T」さんが磨いているのも拝見しました。「えらいですね」と声をかけたら、「な~に、毎日使ってるもんで・・・」とのお返事でした。その日の午後は、なにかゆったり、ほんわかした気分で、授業を受けることが出来ました。反省は、同期生の顔を覚えきれていない恥ずかしい話です。

先日、某チェーン店で夫婦で食事を終えて精算中のことです。やや離れた席からじっとこちらを見る視線を感じ、こちらも視線を返しましたが、頭の中のアドレス帳の中に該当記憶なし。でもまだこちらを見つめてる・・・・。モヤモヤした気分で店を出ました。ところがなんと、その二日後の登校日、場所も上記と同じ洗面所で他クラスの方から「あの~、先日あなたに良く似た方を拝見したのですが・・・・」。私はびっくり、同時に「どちらで?」と尋ねると場所は先日のあのチェーン店との事。

私はひたすら、失礼を詫びるしかありませんでした。現役時代は一・二度会えば顔も名前も会社名も覚えられたのに・・・・と、残念に思ったのと同時に、あらためて年齢を感じた一瞬でした。その方は、イニシャルは最初の方と同じ「ふるさと伝承・K」さんでした。・・・・

 ご寄稿ありがとうございました・・猛暑ご自愛ください!伊佐沼の蓮10の3IMG_7609







このページの先頭へ





26期生、『新入生』のみなさん

26期 地域創造科の皆さん


地域創造科








26期 福祉・環境科の皆さん

福祉環境科









26期 ふるさと伝承科の皆さん


 

ふるさと伝承科







26期 美術工芸科の皆さん


美術工芸科







このページの先頭へ




20:37

行田ではなく、こちらは上尾の古代ハス!

20100713120401

さてさて、
こちらは埼玉県上尾の古代ハス。
行田からおすそわけしたそうで、
かつての川岸にひそやかに咲いていました。
                  (地域創造19)      
            

このページの先頭へ

東松山学園26期校友会

〒355-0072
埼玉県東松山市石橋1578