本文へスキップ

いきがいと自立の心育む いきがい大学東松山学園26期校友会

クラス活動report

地域創造科

 

「新年にあたって」    クラス代表・三井 清司
 「3.11東日本大震災」に象徴された2011年は、忘れられない、忘
れることのできない、忘れてはならない一年になりました。
 明けた2012年も厳しい年になるのではと不安を抱きながら迎えた
仲間が少なくないと思います。
 現役時代に不義理の限りを尽くした「地域社会に、ほんの少しでも
役に立ちたい、そのためのノウハウを同じ思いの仲間と学びたい」、
そんな思いで入学した「いきがい大学」での学園生活も残すところ僅
かになりました。この間の学園での諸活動で、目標であった「地域社
会に尽くさんと・・・・」との思いは、地域創造科で学んだ仲間の一
人ひとりが確実にその足掛かりをつかんだと確信しています。
 残された3ケ月間で「つかんだ足掛かり」をより強固なものにし
て、「いきがい大学東松山学園・地域創造科」を飛び立ちたいと思います。

福祉環境科

「新年にあたって」    クラス代表・滝瀬みさ子
 2011年は、東日本大震災・タイ洪水等、自然界の威力の怖さと多くのことを学びました。先人の知恵と経験からの行動、諦めない粘り強い“心”と頑強な繋がり『絆』、老若男女 ”こころ” が引き継がれている姿は日本人の魂そのものです。なでしこジャパン勝利で新しい力が芽吹き活気づき、新大関の誕生もイチロー・真央ちゃん,ガガで幕引き。
 微笑みの絆!! うさぎ 〜 龍へ 「天高く 初春に舞う のぼり龍」

 私達も、課題研究・交流会・学園祭・復興を願っての東北福島修学旅行と盛り沢山のイベントを開催できました。
おかげでお互いの距離も近づき26期生の≪絆≫を形成することができました。 そのと学習を基に、地域社会貢献
実践・実行《一人の幸せは両隣も幸せ》に向け挑戦しましょう!

          −2012年「”祝” 卒業」 みんなで最高の年にしましょうね−
           
               < ことしは 大きくゆったりと >

ふるさと伝承科

「新年にあたって」    クラス代表・遠山文雄

 新しい年 平成24年(2012年)は竜年です。竜の如く天に向かって
飛び立ちたい と、夢をみているのは、私だけでしょうか ?
 そして来年の3月で 東松山学園も卒業です。(今後は校友会で
逢えるかな)
 昨年を振り返ってみますと、いろんな事がありまして、3月11日
に発生した東日本 大震災は、大津波、原発事故と続き未曾有の災害
となりました。 幸いにして埼玉県は大きな被害はありませんでし
たが、新聞紙上 又 報道関連では、連日大震災のニュースで持ち
きりでした。 学園内においても、先輩方の卒業式の中止、又 私達
にても終了式の中止等 いろいろな面で影響がありましたが、私達は
4月から2年生課程に進み 課題学習の講修 5月からは学園祭の準備
及び 修学旅行の準備等各方面に渡り忙しく過ごしてきました。
夏を過ぎて9月 課題学習の発表、11月には学園祭の開催 そして
直に修学旅行 の実施、又3学園の校流会といろんな行事があり、慌
ただしく月日が流れました。 しかしながら、クラス皆さんの協力で
この忙しい行事も和気あいあいとこなしてきたことは、非常にあり
がたく、感謝に堪えません。今後もいろんな行事が続くと思われま
すがクラス全体で楽しく、やっていけると思います。 新しい年、平
成24年(2012年)は、是非とも上を向いて歩いて行こうと、考えてお
ります。

美術工芸科

「写生会」開催のお知らせ

 皆様お元気ですか。前回(4月25日)は、嵐山の菅谷館跡に11名が集まって、新緑の風景を画きました。
今回は、涼しい室内で静物を描きます。

          記

1. 日時 7月4日(水)9.00〜12.00
2. 場所 大岡市民活動センター(右図)
   0493・39・0602
3.持物 写生用具
  画材は用意します
4.交通 マイカー 又は市内循環バス 
           (大谷コース)駅発8.55
5.指導 斎藤・島田
6.担当 明円・脇谷
   090−2168−4577
7.費用 室利用料・画材


東松山学園26期校友会

〒355-0072
埼玉県東松山市石橋1578