本文へスキップ

いきがいと自立の心育む いきがい大学東松山学園26期校友会

クラブ活動report

クラブ/同好会一覧
クラブ/同好会名 代  表  者  所      属  会員数 活 動 日
パソコンクラブ26   梅原 輝雄 地域創造科  27 第2/第4月曜日
太極拳26  田島 久雄 美術工芸科  10  
「26」オカリナ  宮崎  茂 福祉環境科  10  
タイムスリップ26  小笠原郁夫 福祉環境科  12  
のこのこサロン  滝瀬みさ子 福祉環境科  5  
ゴルフクラブ26 「松芝会」 青木 哲男 美術工芸科  10  
かたりべクラブ’やまびこ’  萩原 良雄 福祉環境科  7  
ダンスイレブン  門倉 雅守 福祉環境科  11  
絵画倶楽部「それいゆ」 
鈴木 好夫  美術工芸科  14 第2/第4金曜日






在校時の活動

四季彩26

活動報告写真

高齢になっても健康で、多くの仲間と楽しく過ごしたいと誰もが望んでいます。そんな想いで学園に入学し、始業式をむかえ、学園生活がスタートし最初の課題がクラブ活動を決めることです。 年齢を重ねても気軽に継続ができ、頭を使い手先を動かすことでボケ防止にもなり、絵を上手に描きたい仲間が集ってできたのが水彩画クラブです。我が四季彩26クラブは男子10名、女子7名の計17名で最大クラブの船出になりました。クラブ部員は中学校で絵筆を持って以来始めての方、絵画教室で指導者として活躍されている方等、ギャップがありどのような方法でクラブを進めて行くか、部員全体で話し合いを行い美術工芸科のベテランの方に初心者を指導していただくことで始動することになりました。
 初めての方は道具選びについても指導を受け、鉛筆は2B、4B筆は平筆の6号、10号か8号、10号 絵の具はホルベイ24色、スケッチブックの大きさはF4等が必要になりますと親切に教えてもらいました。最初の3ヶ月は、ビン、カン、果物、草花等の画材をモチーフに、デッサンを行います。デッサンでは一点透視画法が必要ですと適切なアドバイスをしていただきました。
 指導者の浅野輝雄先生には月1回指導にきてもらうことになりました。ユニークで斬新的な先生曰く2年間辛抱すれば5年間も絵を描いてきたようになると言われた言葉を信じ、皆で頑張っています。
 何回かクラブを重ね、部員の方も安堵の表情になってきて楽しくデッサンに励んでいます。部員の和を大切にして、17名の仲間と共に楽しく生きがいのあるクラブを目指して行きたいと思います。


太極拳26

活動報告写真

会員13名でスタートしました。深くゆっくり呼吸する深長呼吸によって心を静め、緩やかな曲線運動を繰り返し体の先から先へ気を流し心と身体の健康を築く運動です。
 柏俣先生(女性、私たちよりずっと年下)の基で笑顔で楽しく舞っております。疲れや体調不良が気になる方、根気や集中力を養いたい方は、全身のバランスが整い自然治癒力を高める健康太極拳に参加しては如何ですか?  まずは みんな真剣な表情をご覧下さい。


パソコンクラブ26

クラブ員は現在女性6名、男性9名の計15名です。
昨年7月にPCが新しくなり、OSはウインドウズ7、オフイスは2010となりました。最初の内は戸惑っていた操作方法にも次第に慣れ、最近はワード2010に関してはそれなりのレベルに達しました。今年の新入生(27期生)の集合写真への名入れはワードを使用して、クラブとして対応しました。
このクラブの特徴は外部の講師を頼まず、ある程度経験を積んだクラブ員(約3名)が講師役を引き受けていることで、わからない場合にはいつでも聞けるところにあると思います。
今年も学園祭に向けて作品の展示発表ができるように、クラブ員一同作品の制作に頑張って取り組んでいきます。

タイムスリップ26

活動報告写真

1.クラブ名  タイムスリップ26(史跡クラブ)
2.構成
  地域創造科・・・3名、福祉環境科・・・4名、ふるさと伝承科・・・7名
  の計14名。(美術工芸科からの参加は無かった)
3.活動の基本方針 
  堅苦しくなく、歴史に沿って、クラブ員からの希望が多い史跡
  を巡りながら親睦を深めます。
4.最近の活動
  早速学園すぐ近くの箭弓神社にお参りし、学芸員の資格をお持
  ちの神主さんから詳細な説明をいただきました。
   この神社の創建からご由緒、見事な彫刻など、通常の参拝で
  は得られぬ内容で一同感動。
   そのまま親睦会に移行、楽しいひと時を過ごしまた。
   これからも、出来るだけガイド(説明員)をお願いしてより深く知識を得ていきたいと考えています。

「26」オカリナ

活動報告写真

オカリナクラブは部員13名のクラブです。
オカリナを吹くのはもちろん、直に音を聞くのもはじめてという部員がほとんどです。
 でも、みんなオカリナに対する思い入れは強く、先生の熱心なご指導とあいまって、「夕やけ こやけ」や「春の 小川」など、いくつかの曲は、吹けるようになってきました。
部員一人ひとりの緊張した顔、素敵な笑顔、おだやかな表情などが活動中に見られます。
 これからも練習を積んで、いい音、いい顔、いい演奏のオカリナクラブを目指して、楽しいクラブ活動になるよう努力していきたいと思います。

ハングルクラブ26

活動報告写真

「ソンセン二ム  アンニョン  ハシムニカ?」「アァ、アンニョン アセヨ」「先生 今日は」「アァ、今日は」
我々ハングルクラブ活動開始時の挨拶風景である。私は幼稚園児並の片言が話せるとはいえ、十数年も未使用ですっかりさび付いてしまっている。他にNHK講座を数ヶ月経験ありと申告された方と、以前少し耳にしたことがある2名の方のほかは、生まれて初めてハングルに触れるというメンバー計11人でスタートした。
 日本語の「アイウエオ・・・」に相当する「カナダラマバサ・・・」を見て、字の形の違いに目玉をパチクリしていたが、まるまる1ヶ月を経過した今は、自分の名字も(やっとではあるが)どうにかハングル文字で書けるし、自己紹介もできるレベルに達しつつあるのは大変嬉しい。我々日本人にとって、ハングルの一番難しいのは、日本語に較べて母音の数がかなり多いことと、表記されたとうりには発音しないケースが多いことだ。
 それでも、現地へ行って、片言でもいいから自分の言葉で交渉して、食事の注文、ショッピングなどなど出来る日が訪れることを目標に、辛くて楽しい日々を送っているクラブメンバーです。
帰るときには、「アンニョンィ ケセヨ」  「アンニョンィ カセヨ。 ト マンナヨ」「さようなら」 「さようなら、気をつけて、又 お逢いしましょう」で練習が終わっています。


楽書(らくしょ)26

活動報告写真

 書道クラブ ”楽書26” は部員7名とクラブ成立の最少人数でスタートしました。メンバーの半数は筆を持つのが初めてという人で、道具からそ揃えるところから始まりました。
 私たちの書は講師の薦めで ”万葉がな”です。 講師の方にアクシデントがあり、7月から本格的に始動し、早速指導を受けましたが、非常にわかり易く教えて頂き、まずは上々のスタートとなりました。
 クラブ名の通り、みんな楽しく書こう! 書を楽しもう! をモットーに全員が参加しています。学園祭にはみんなで出展することを目標して、楽しい雰囲気の中で稽古を積み重ねます。

趣味の陶芸26

活動報告写真

 期限ギリギリで7名となり無事クラブ成立で一安心。
19期卒業生の吉見町在住の小久保氏を講師に迎え6/30から活動を開始しました。
 経験者は5名いますが、一同基礎からもう一度教わる覚悟でいます。
幸い6名は60代前半と若い人が
多く講師の教えの理解も早く順調に船出したといえるでしょう。
 学園祭での出展を目指しておりますが、一つしかない窯の出番がいつ廻ってくるのか未定であり唯一の不安材料といえます。
 作品は皆さんにも差し上げますからあてにしないで待っていてください。

東松山学園26期校友会

〒355-0072
埼玉県東松山市石橋1578

soleil.htmlへのリンク